映画「ダンスウィズミー」が、8月16日からTOHOシネマズ日比谷(東京都千代田区)ほかで公開される。「ウォーターボーイズ」(2001年)などの矢口史靖監督が、ワーナー・ブラザース映画と初めてタッグを組んで初挑戦したミュージカルコメディー。主演は、女優でモデルの三吉彩花さん。全シーンを吹き替え無しで挑み、催眠術でミュージカル体質になってしまった女性を力いっぱい演じている。「狙いうち」「年下の男の子」などの懐メロもたくさん流れる楽しい作品だ。

 鈴木静香(三吉さん)は一流商社の会社員。ある日、遊園地でうさんくさい催眠術師マーチン上田(宝田明さん)に「ミュージカルスターの催眠術」をかけられてしまう。以来、曲が流れると勝手に歌って踊り出し、会社の会議をぶち壊すなど、失態を繰り返す。術を解いてもらうため、マーチン上田の元を訪れたが、既に姿が無く……。

 約500人からオーディションで選ばれた三吉さん。スラリとした手足を生かし、体が勝手に動き出してしまう女性の“突き抜け感”を見事に表現。ジャズダンスからヒップホップ、ポールダンスにも挑んでいる。その三吉さんと凸凹コンビとなる催眠術師の助手の千絵役に、お笑いタレントのやしろ優さん。往年のスター俳優・宝田さんが、スクリーンで55年ぶりに歌って踊るのも見どころだ。

 女子社員の憧れのエリート社員に三浦貴大さん、シンガー・ソングライターでモデルのchayさん、ムロツヨシさんら個性豊かな面々が登場する。

 静香の会社生活と豪勢な暮らしぶりが映し出された後、催眠術の症状が出たのは、大事な会議のプレゼンの場。オフィスを舞台に、総勢40人でド派手なミュージカルシーンが繰り広げられる。いきなり歌い出す、というミュージカルの要素が、催眠効果に支えられているため、いつ踊り出すのか、静香自身と共にハラハラしてしまう。破壊力のあるアクロバティックな振り付けで、見応えと笑いを振りまくが、静香の深層心理には、ミュージカル嫌いになった苦い思い出も……。

 静香と千絵がマーチン上田の行方を追う旅路がロードムービー風に描かれ、最後まで波乱に満ちている。「うさんくさいこと」や、「まやかし」を楽しめる余裕のあった時代の楽曲が何とも懐かしい。

 催眠術監修に、催眠術師の十文字幻斎さんが参加。やしろさんが生の玉ねぎをかじるシーンでは、本当に「玉ねぎがリンゴのように甘く感じる」という催眠術をかけて、撮影に臨んだという。ミュージカルシーンの音楽とエンディング曲は「Gentle Forest Jazz Band」が担当。劇判音楽は、矢口監督作「サバイバルファミリー」(2017年)の野村卓史さん、振り付けはQ-TAROさんとEBATOさんらが担当した。(キョーコ/フリーライター)