SUPER☆GiRLS【写真:竹内みちまろ】
  • SUPER☆GiRLS【写真:竹内みちまろ】
  • SUPER☆GiRLS【写真:竹内みちまろ】
  • SUPER☆GiRLS【写真:竹内みちまろ】
  • SUPER☆GiRLS【写真:竹内みちまろ】
  • SUPER☆GiRLS【写真:竹内みちまろ】
  • SUPER☆GiRLS【写真:竹内みちまろ】
 “スパガ”ことアイドルグループ・SUPER☆GiRLSが3日、東京・お台場青海周辺エリアにて開催中のアイドル200組以上が出演する夏フェス「TOKYO IDOL FESTIVAL 2019」(TIF2019)」でライブを行い、新曲「片想いのシンデレラ」(9月18日リリース)のパフォーマンスを行った。

 2010年デビューのスパガは今年、結成9周年。昨年末に4期生の新メンバー7名が加入し、今年は11人体制で活動の「第4章」に突入した。新体制では初のTIF出演となったスパガは、TIF2019の2日目となるこの日午前中には、ライブハウス「Zepp DiverCity(TOKYO)」を利用したHOT STAGEのトップバッターとして登場した。

 ライブは人気曲「赤い情熱」からスタートし、自己紹介ソングを含めて3曲を連続でパフォーマンス。3曲目が終わると、「TOKYO IDOL FESTIVAL 2019、みなさん楽しんでいますか! HOT STAGEのトップバッターを務めさせて頂きます!」と呼び掛け、会場を盛り上げた。「続いての曲は、初お披露目の曲となります。9月18日にリリースさせて頂く新曲になるのですが、とても可愛らしい曲になっています。ダンスにはミュージカル調な部分も取り入れています。ダンスや歌詞などすべてに注目して、楽しんで、観て覚えて帰ってください」と声を弾ませ、新曲「片想いのシンデレラ」を披露した。
《竹内みちまろ》
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});