今週公開される映画の注目作をピックアップする「今週シネマ」。8月2日は、人気ゲーム「ドラゴンクエスト」(ドラクエ)シリーズの3DCG劇場版アニメ「ドラゴンクエスト ユア・ストーリー」(山崎貴総監督)、人気カーアクション映画「ワイルド・スピード」シリーズ最新作「ワイルド・スピード/スーパーコンボ」(デビッド・リーチ監督)が公開された。

 「ドラゴンクエスト ユア・ストーリー」は、「ドラゴンクエストV 天空の花嫁」(1992年発売)を原案としたシリーズ初の3DCGアニメ。リアルでなめらかな映像や、原案に沿いつつオリジナル要素も含んだストーリー、俳優の佐藤健さんら豪華声優陣の演技など見どころ満載だ。「ドラクエ」プレーヤーならずとも楽しめる一作に仕上がっている。

 主人公リュカは、ゲマ率いる魔物たちに連れ去られた母を取り戻すため、父パパスと旅を続けていた。遂にゲマと遭遇したパパスは、魔物たちと激しい戦いを繰り広げるも一瞬のスキをつかれてリュカを人質にとられてしまい、リュカの目の前で無念の死を遂げる。10年後、帰郷したリュカは「天空のつるぎと勇者を探し出せば、母を救える」というパパスの日記を発見し、再び冒険の旅に出る……。

 佐藤さんがリュカ、有村架純さんがビアンカ、波瑠さんがフローラの声を務めるほか、坂口健太郎さん、山田孝之さん、ケンドーコバヤシさん、安田顕さん、松尾スズキさん、山寺宏一さん、賀来千香子さん、古田新太さん、吉田鋼太郎さんも声優として出演する。国民的ゲームといえる「ドラクエ」を、「STAND BY ME ドラえもん」(2014年)などを手がけたVFXの名手・山崎総監督が脚本も担当。八木竜一さんと花房真さんが監督を務めている。堀井雄二さんが原作・監修。シリーズの音楽を手がけてきたすぎやまこういちさんの楽曲を使った。

 「ワイルド・スピード/スーパーコンボ」は、2001年公開の「ワイルド・スピード」を皮切りに過去8作で世界累計興行収入5000億円を突破した人気シリーズの最新作。ルーク・ホブス(ドウェイン・ジョンソンさん)とデッカード・ショウ(ジェイソン・ステイサムさん)が3度目のバディーを組み、シリーズ最強と言っても過言ではない敵と激突する。

 テロ組織からの新型ウイルス兵器奪還作戦を決行したMI6。しかし突然、謎の男に急襲され、部隊は壊滅状態に。ただ一人生き残った女性エージェント、ハッティ(バネッサ・カービーさん)は、ウイルスと共に行方をくらます。政府からハッティ保護を依頼された、元FBI特別捜査官のルーク・ホブス(ジョンソンさん)と、元MI6エージェントのデッカード・ショウ(ステイサムさん)は、反発し合いながらも手を組み、ハッティの行方を捜すことに。実は、ハッティはショウの妹だった……。

 ジョンソンさんとステイサムさんの体を張ったアクションはもちろんのこと、2人に負けないアクションを見せるカービーさんにも注目。「ワイルド・スピード ICE BREAK」(2017年)にノークレジットで出演したヘレン・ミレンさんも本格的に登場し、息子ショウとのほほ笑ましい(?)やりとりを見せてくれる。日本語吹き替え版では、ホブスの声を小山力也さん、ショウの声を山路和弘さん、ブリクストンの声を山寺宏一さん、ハッティの声を沢城みゆきさんが担当している。