今春に毎日放送(MBS)に入社した清水麻椰アナウンサーと野嶋紗己子アナウンサーが8月5日、同局の番組「ちちんぷいぷい&ミント! 夏休みウィーク」でテレビ初出演を果たした。番組終了後、MBS(大阪市北区)内で初会見に臨んだ。

 「ちちんぷいぷい」(毎週月~金曜午後1時55分~3時49分)では、2人がアナウンサー研修を受ける様子を紹介。ニュースを正確に伝えることの難しさにしばしば涙を見せるなど、2カ月にわたる研修の厳しさをうかがわせた。VTR後には2人がスタジオに登場。清水アナは「『ちちんぷいぷい』はいつも見ていたので、今このスタジオにいられることが本当に光栄。これからは一アナウンサーとして、関西の皆様にしっかり情報を伝えていければと思っています」、野嶋アナは「先日電車に乗っていたら、見知らぬ奥様に『あんた、ベルトの位置ちゃうで』と直されました。そんな関西の温かい魅力を、全力で発信できるように努力してまいります」と語った。

 番組後の会見では、2人は最終面接で同じ組だったといい、お互い「彼女になら負けても仕方がない」と思い、そろって内定通知を受け取ったと分かった時には抱き合って喜んだというエピソードを披露。すっかり意気投合している様子の2人は、今後について「好奇心旺盛な性格を生かして、たくさんの情報を発信、発見できるアナウンサーになりたい。バラエティーから報道まで幅広く活躍したいですが、最初に『ちちんぷいぷい』と『ミント!』に出られたらと思います」(清水アナ)、「関西に来てまだ5カ月で知らないことばかりですが、関西の皆様に信頼していただけるアナウンサーになれるよう頑張ります。最終的には報道で活躍できればと思っていますので、まずは報道系のフィールドキャスターのようなお仕事ができれば」と抱負を語った。

 清水アナと野嶋アナは、来週中にMBSラジオのニュースで“初鳴き”する予定。その様子は8月16日の「ちちんぷいぷい」で放送される。