女優の多部未華子さんが主演するNHKの連続ドラマ「これは経費で落ちません!」(総合、金曜午後10時)が同局の「ドラマ10」枠で7月26日にスタートする。青木祐子さんの同名小説シリーズが原作で、領収書や請求書から見えてくる思わぬ人間模様をコミカルに描くお仕事ドラマ。多部さんは、貸借対照表のごとく「何事にもイーブンに生きる」がモットーで、本当は「余計なものは追いたくない」、だけど「公私混同は見過ごせない」という、“恋に奥手な経理女子”の森若沙名子(森若さん)を演じる。

 ドラマでは、人気グループ「ジャニーズWEST」の重岡大毅さんが、営業部の若手エースで、奥手な森若さんにめげずにアタックする笑顔がまぶしい好青年・山田太陽を、伊藤沙莉さんが、森若さんの後輩で、部長にも時にため口だが、憎めない天真らんまんキャラの佐々木真夕を演じる。また桐山漣さんが、山田太陽の先輩の営業部員の山崎柊一役、松井愛莉さんが佐々木真夕の同期の中島希梨香役で出演。吹越満さん、片瀬那奈さん、お笑いトリオ「東京03」の角田晃広さんらも登場する。

 第1話「経理部の森若さんの巻」は、石鹸(せっけん)メーカー「天天コーポレーション」の経理部で、後輩・佐々木真夕(伊藤さん)らと経費審査の日々を送る森若さん。ある日、温泉とカフェが合体した「パラカフェ」という新規事業のチーフになった営業の山田太陽(重岡さん)が、森若さんのもとにたこ焼き代の領収書の精算に来る。

 打ち合わせ相手は、パラカフェの内装設計を委任しているデザイナーの曽根崎ミレイ(藤原紀香さん)。ミレイは美魔女で、テレビにも出演する有名人。太陽はその後、ミレイとリサーチに行ったというテーマパークのチケット代の領収書も持ってきたが、太陽が同僚の女子社員と最近同じテーマパークへデートしたといううわさ話が舞い込み、森若さんは実は私用ではないかと疑う……というストーリー。