木城ゆきとさんの人気マンガ「銃夢(がんむ)」をハリウッドで実写化した映画「アリータ:バトル・エンジェル」(ロバート・ロドリゲス監督)のデジタル配信の購入版に収録される特典映像の一部が9月11日、公開された。木城さんが撮影現場となった米テキサスを訪問する映像となっている。

 今回公開されたのは、デジタル配信の購入版に収録の特典映像「アイアンシティーツアー」の一部で、木城さんが、劇中に登場するハンターの憩いの場「カンザスバー」の撮影現場を訪問するシーン。製作のジョン・ランドーさんから「カンザスバー」の名前の由来を問われ、木城さんが「『カンサス』というバンドがあるんですよ。アメリカンロックの。古いバンドなんですけど」と答える場面や、原作に忠実に再現されたセットの様子などが映し出されている。

 映画は、“支配する者”と“支配される者”の二つの世界に分断された謎めいた遠い未来を舞台に、がれきの中から拾われ、新たな機械の体を与えられたサイボーグの少女アリータが、二つの世界の秩序を揺るがす壮大な旅に出る……というストーリーで、今年2月に公開された。

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});