マンガ誌「ゲッサン」(小学館)で連載中の中道裕大さんのマンガが原作のテレビアニメ「放課後さいころ倶楽部」の上映会が9月11日、新宿バルト9(東京都新宿区)で開催され、声優の高野麻里佳さんが登場した。ボードゲームがテーマのアニメで、転校生の高屋敷綾役の高野さんは「ゲームは一人でできるものばかりやっていたのですが、この作品に関わって、ボードゲーム仲間が増えました」と語った。

 上映会には、武笠美姫役の宮下早紀さん、大野翠役の富田美憂さん、エミーリア役のM・A・Oさんも登壇。アフレコの休憩中に声優陣がボードゲームで遊ぶことがあったといい、だまし合うゲームで、宮下さんは「下手だったのは高野さん」と暴露。富田さんは「優しいからうそが苦手なんじゃないですかね」とフォローし、高野さんは「うそをつくのは難しい。弱いのかな……」と落胆していた。

 「放課後さいころ倶楽部」は、同誌で2013年に連載がスタート。女子高生がアナログゲームを通じて成長する姿を描いている。テレビアニメは10月からTOKYO MX、BS11ほかで放送。

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});