イルミネーション・エンタテインメントの劇場版アニメ「ペット」の続編「ペット2」(クリス・ルノー監督)で、俳優の内藤剛志さんが日本語吹き替えを務めた農場犬のルースターが登場する本編映像が7月26日、公開された。ルースターがマックスとデュークと出会い、「犬には譲れないものが二つある。水のボウル、そして品格だ。どちらも踏みにじってはならない」などと会話するシーンが収められている。

 ルースターの声は、米国版ではハリソン・フォードさんが担当している。動物役に初挑戦した内藤さんは「演出サイドからルースターはオリジナルでは『カウボーイのような存在』、日本語版では『サムライのイメージ』とのオーダーがありました。そのことを頭に置きながら、オリジナルのハリソン・フォードさんの英語のセリフを何度も何度も聞きました」と、役作りのために練習したことを明かした。

 「ペット」は、「怪盗グルー」シリーズや「ミニオンズ」を手がけたイルミネーション・エンタテインメントの作品。ニューヨークを舞台に、飼い主がいない間にペットたちが巻き起こす騒動を描く。続編の日本語吹き替え版では、前作に続き、お笑いコンビ「バナナマン」の設楽統さんと日村勇紀さん、佐藤栞里さん、永作博美さん、沢城みゆきさん、中尾隆聖さんが続投。宮野真守さん、伊藤沙莉さんらも声優として出演する。

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});