(C)2019 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.
  • (C)2019 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.
  • (C)2019 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.
  • (C)2019 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.
 10月18日公開の映画『マレフィセント2』吹き替え版で、前作に引き続きオーロラ姫役を上戸彩が、ノットグラス、フィリットル、シスルウィットの3人の妖精役を福田彩乃が、またオーロラ姫にプロポーズするフィリップ王子役を俳優の小野賢章が務めることが決まった。

※Xperiaファンに朗報!nuroモバイル、先行予約がお得な「Xperia Ace」キャンペーン!【PR】

 同作は、ディズニー史上最恐とも謳われる、ヴィラン、マレフィセントによる“究極の愛”を描いたファンタジー・アドベンチャー。永遠の眠りから目覚めたプリンセス、オーロラ姫の結婚は人間と妖精との間に和平をもたらし、世界を幸福に導くはずだった。しかしその婚礼には、真実の愛によって母と娘のように結ばれたマレフィセントとオーロラ姫の絆を引き裂き、妖精界を滅ぼそうとする恐るべき罠が隠されていた。オーロラ姫を救うため、マレフィセントが背負った驚くべき運命とは?

 このほど、前作から続投が決まった上戸は「アンジェリーナ・ジョリーさんのお芝居が見られるという嬉しさもありましたし、オーロラ姫の吹き替えをまたやらせて頂けるというのですごく嬉しかった」と喜び。上戸は、前作から5年のなかで出産を経ており、「『マレフィセント』の時はまだ子供がいなかったんです。娘に自慢できるのも嬉しいです」とも語っている。さらに今作について、永遠の眠りから目覚めたオーロラ姫の婚約から始まるストーリーには「うっとりした」とも。上戸が太鼓判を押す冒頭シーンにも注目だ。

 さらに、オーロラ姫の成長を見守ってきた3人の妖精役を一人で演じ分けた福田は、「やった!という気持ちでした。もちろん3人の妖精も登場するだろうと思って、すごく楽しみでワクワクしていました」と興奮が抑えきれない様子。「これは自分の声なのかな?と思うほど声を忘れてしまっていたので、思い出すのに時間がかかりました」と話しているが、その出来栄えにも期待が高まる。

 さらに、フィリップ王子の声優として仲間入りした小野賢章は、実写吹替での王子様役は“初”。これについて小野は、「感慨深いものがある」とコメント。ロマンチックなプロポーズシーンについては、「オーロラ姫が導いてくれる感じが良かったですね。妖精たちが見守っていたりすごく可愛らしく綺麗なシーンで、とてもディズニーらしいシーンです!」とコメントを寄せている。

 ほか、マレフィセント役の深見梨加、その手下でディアヴァル役の阪口周平は前作から続投。今作からの新キャラクターであるミシェル・ファイファー演じるイングリス王妃役には『魔法少女リリカルなのは』『ときめきメモリアル』などに出演の五十嵐麗、彼女の手下ゲルダ役には『スター・ウォーズ』シリーズのレイ役で注目された永宝千晶が起用されている。

 映画『マレフィセント2』は、10月18日公開。
《KT》
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});