女優の北川景子さんが9月10日、映画「ヒキタさん! ご懐妊ですよ」(細川徹監督、10月4日公開)の完成披露上映会に、今作で初主演を務める俳優の松重豊さんらと登場。北川さんと夫婦役を演じる松重さんは、北川さんの夫・DAIGOさんが撮影現場に訪れた際、「微妙な三角関係ができていた。すてきなご主人ですが、そのときは(嫉妬の)炎がメラメラと燃え上がりました」と当時の心境を告白。北川さんは「本当の(夫)と役の(夫)と……その節はどうもすみませんでした」と苦笑いを浮かべていた。

 舞台あいさつには、濱田岳さん、山中崇さん、伊東四朗さん、細川監督も出席。北川さんは、年齢差のある松重さんとの夫婦役について、「松重さんが主演で妻役でというお話で、松重さんはずっと年齢差を気にされていたと聞いていたのですが、私は全然気になっていなくて。松重さんとだったら大丈夫だと思った」とコメント。一方の松重さんは、「夫婦に見えないだろうって言われたらどうしよう……という気持ちでいっぱいだった。(北川さんや濱田さんはドラマ『HERO』で)同僚関係なこともあり、部下としか思っていなかった。初日に北川さんとお会いしたときに『そんなに年の差ありました?』と言われ、その言葉に救われて今日までたどり着きました」と振り返った。

 映画は、作家のヒキタクニオさんのエッセー「ヒキタさん! ご懐妊ですよ」(光文社)が原作で、年の離れた妻・サチと仲良く暮らしているヒキタクニオが主人公。子供は作らずに夫婦2人で生きていくと決めていたが、ある日、サチから「ヒキタさんの子供に会いたい」と言われる。それをきっかけに“妊活”を始めるも、なかなか結果は出ない。クリニックでの検査の結果、不妊の原因はヒキタ自身にあることが判明する……という内容。

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});