この記事は私がまとめました

hairissueさん

梅雨の時期は髪のお悩みが増える

ジメジメした梅雨の時期は、髪が広がり、うねってぐしゃぐしゃに…なんてことが多くなりますよね。
そこで、簡単にできるスタイリングをお伝えします!

「ウェットヘア」で最強スタイリング!

ウェットヘアとは、オイルやワックス、バームなどでツヤ感・濡れ感を出すスタイルのこと。
簡単にこなれ感が出せて、誰でもできるスタイルなので、梅雨時期にもとてもおすすめ!

束感・しっとり感が出ておしゃれなこなれたヘアに♡
また、ストレートヘアにするときはオイルをつけると、オイルの重みで綺麗にスタイリングを維持してくれます!

▼ ウェットスタイリング方法「巻き髪編」

まず、綺麗に髪を巻きます。
ミックス巻きだとさらにボリュームがでて◎
梅雨時期は巻きが緩みやすいので、きつめにまいておくことをおすすめします。

揉み込むようにスタイリング剤をつけます。
手のひらで挟んだりすると、巻きがゆるくなってしまう可能性があるのでNG。
下から上に持ち上げるようにして揉み込むと◎!

しっかりキープするために、セットスプレーをまんべんなく。
つけすぎるとパリパリに固まってしまうことがあるので、全体にふりかけるように、ふんわりと一定量つけましょう。

▼ ウェットスタイリング方法「ストレート編」

まず、ストレートアイロンやドライブローで綺麗にまっすぐにセットします。
毛先だけ内巻きにすると、甘めな雰囲気に!

オイルやスタイリング剤をつけます。
ストレートヘアのときは、オイルなどは少なめに。
ストレートヘアで束感やしっとり感が出すぎると、少し不潔な印象に。

オイル・スタイリング剤は内側からつけるのが鉄則!
表面や前髪には、手に余った最後のスタイリング剤をつけるようにすると、嫌なテカリがなくなって、程よいツヤ感が◎
仕上げにセットスプレーを振ってください。

ウェットヘアの注意点!

全体的にウェットにしすぎると、まるでお風呂に入っていないかのような印象に。
不潔な感じに見えてしまいますので、やり過ぎは禁物です。

オイルを手にとって伸ばした後、すぐに前髪やトップにつけるのはNG。
束感が出すぎてしまい、不自然です。
毛先を中心につけるようにして、手に少し余ったものをつけるようにしましょう。

出典lamire.jp

はじめにオイルをつけてから巻き髪やストレートヘアにすると、スタイリングにムラができてうまくいかなかったり、寮の調整が上手くいかなかったり。
セットが完了してから仕上げとしてオイルをつけましょう。

オイルを使ったウェットヘアは、コツを掴めば超簡単にできるヘアセットです!
NGポイントに注意してウェットヘアに挑戦してみてください♪

ふんわり☆アッシュブラウン

柔らかアッシュブラウンカラーとの相性◎
ほどよくウェット感があってカジュアルな印象に。

カジュアル小顔くびれミディ

くびれラインで小顔効果を引き立てたスタイル。顔回りをシャープに見せることで輪郭をよりキレイに見せます。

ニュアンスボブ

ボブとウェットヘアの相性も抜群。
トップもふんわりさせることを忘れずに!

無造作カールスタイル

ふんわり巻き髪で立体的に◎
セミロングでカラーも暗めは重たい印象になりやすいので、レイヤーを入れて無造作カールを作ることで柔らかくエアリーになるように仕上げました。

無造作カールロング

束感を出して、グラマラスに。
色気のある大人のヘアスタイルが完成☆

ゆるふわガーリーSTYLE

柔らかみのあるベージュカラーに少しレイヤーカットを入れることでふんわりとした質感を再現♪

1 2
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});