俳優の塚本高史さんが9月27日、東京都内で行われたドラマ「まだ結婚できない男」(カンテレ・フジテレビ系)の制作発表会見に出席した。ドラマは、2006年に放送された阿部寛さん主演の連続ドラマ「結婚できない男」の13年ぶりとなる続編。前作に続いて、村上英治役で出演する塚本さんは「13年たったと感じられないぐらいすんなりやれている」と告白。阿部さん演じる主人公の建築家・桑野については「阿部さんにしかできないですよ。他の人だったらたぶん憎まれると思う。阿部さんだから成り立っている」と話していた。

 「結婚できない男」は、偏屈で独善的で皮肉屋だが、どこか憎めない独身の建築家・桑野(阿部さん)が、女性との出会いをきっかけに恋愛を意識し、結婚を真摯(しんし)に考えるまでの日常を描いた人気ドラマ。今作は、前作から13年後が舞台。早坂夏美と破局した53歳の桑野は、恋愛に対して固く心を閉ざし、再び独身生活を謳歌(おうか)していた。将来のことを考えると、少し不安も感じる桑野だったが、偶然出会った女性たちとの間で運命の歯車が動き始める……というストーリー。

 この日の会見には、阿部さん、吉田羊さん、深川麻衣さん、稲森いずみさん、脚本を手がけた尾崎将也さん、米田孝プロデューサーも出席。撮影現場では、阿部さんのアドリブによって、「笑いをこらえるのがすごく大変なくらい楽しませていただいています」と話した塚本さん。続編については、「英治くんも13年間結婚できていなかったので、どうなっていくのか。ちゃんと英治くんも完結できる回もあります。その辺も楽しみにしていただけたら」と予告した。

 また、13年前からの自身の変化については、「僕は23(歳)とか24だった。桑野さんが偏屈で変わった人と思わないぐらい一生懸命英治をやっていた。37歳になろうとしていている今見ると笑いが止まらないんです」と明かしていた。

 ドラマは10月8日から毎週火曜午後9時放送。初回15分拡大。

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});