この記事は私がまとめました

sakuramama3さん

太る原因って?

空腹状態からいきなり、糖質主体の食べ物をたくさん食べてしまうと、血糖値が一気に上昇します。すると、糖分を脂肪に変えることで血糖値を下げる働きをするインスリンが必要以上に分泌され、脂肪の蓄積が促進され、太りやすくなってしまいます。

血糖値の上昇を緩やかにする食べ物

食物繊維は、食前に摂ることで血糖値の上昇を抑える働きがあります。食物繊維には水溶性食物繊維と不溶性食物繊維があり、水溶性食物繊維には糖の吸収をゆるやかにする効果があります。不溶性食物繊維は保水性が高く腸の蠕動運動を活発にして便通を促す効果があります。

ところてん

食事の前に食物繊維が豊富なところてんを食べることで、小腸の中で食物繊維が糖質の吸収を邪魔します。そのため血糖値の上昇が緩やかになり、インスリンはあまり分泌されず、脂肪の合成が抑えられます。

ところてんには水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の両方が含まれます。

メカブ(海草類)

海藻などに含まれる水溶性の食物繊維は水に溶けゲル状になるため、腸壁に膜をつくって糖質の吸収を抑制します。また、めかぶのヌメリであるとろみ成分が、糖を取り込んで糞便中へ排出するため、血糖値の上昇が抑えられます。

マイタケ

炭水化物を糖に変化させるのは、唾液や小腸にある消化酵素の働きですが、マイタケにはその酵素の働きを抑える効果も。つまりマイタケを摂ることで血糖値の急上昇が抑えられると同時に、炭水化物が糖に変化するのを抑えることも期待できます。