東村アキコさんのマンガを女優の杏さん主演で実写化する連続ドラマ「偽装不倫」(日本テレビ系、水曜午後10時)の第5話が8月7日に放送された。次回の予告動画での宮沢氷魚さんのせりふに、SNSでは「予告ヤバかったー」「きゅんきゅん」「次回予告で萌(も)えた」などの声が上がった。

 これまでも「宮沢氷魚くんにめっちゃキュンキュンした」などと話題を集めていた宮沢さんは、「『伴野丈カッコいい』って言ってくれたり、『キュンキュンする』って言ってくれるのはうれしい。(視聴者を)キュンキュンさせたり、ドキドキさせるというのがないと、伴野丈はたぶん成立しないと思うので、すごく安心しました」と話していた。今週も、SNSでは、「偽装不倫の宮沢氷魚カッコよすぎ」「宮沢氷魚くん、いい表情する」などの声が上がっていた。

 第6話の予告動画では、宮沢さん演じる年下イケメンの伴野丈が、杏さん演じる鐘子に「僕のものになって」と伝える場面が公開されている。

 また、第5話には、女優の富田望生さんがゲスト出演。富田さんが出演した連続ドラマ「3年A組-今から皆さんは、人質です-」(同局系)に関連した“せりふ”を話す場面があった。SNSでは、「富田望生ちゃんの口から菅田将暉」「富田望生ちゃんが『菅田将暉』とか言うと3年A組しか思い出されへんわw担任だったもんね~」「富田望生ちゃんがパンチきいてて良かった」「可愛いなあ」などの反響があった。

 「偽装不倫」は、ウェブマンガサービス「LINEマンガ」で連載中の東村さんのマンガが原作。32歳で独身、彼氏なしという“おひとり様女子”の濱鐘子は、一人旅で出会った年下のイケメン・伴野丈に自分は既婚者だとうそをついてしまう。「既婚」というタグがついたことで、絶望的にモテなかった鐘子に思いがけず恋のチャンスが巡ってくる。鐘子は丈に「この旅行の間だけでいいから、僕と不倫しましょう」と言い寄られ……という展開。不倫といううそから始まる純愛が描かれる。