アニメやマンガなどが人気の「遊☆戯☆王」シリーズのカードゲーム「遊戯王オフィシャルカードゲーム デュエルモンスターズ(OCG)」(コナミデジタルエンタテインメント)のカードの種類が、10月12日に1万種を突破することが分かった。同日、1万種突破を記念して「10000(テンサウザンド)シークレットレア」カード「万物創世龍(テンサウザンド・ドラゴン)」を収録した「遊戯王OCG DM IGNITION ASSAULT(仮)」が発売される。

 「遊戯王OCG 10000種突破記念大投票」も実施。「遊戯王OCG」の第1~10期の中から、それぞれの投票で1位に選ばれたカード10種が「シークレットレア」または「20thシークレットレア」で「SPECIAL PACK」に収録される。公式サイトの特設ページで7月25日~8月3日に投票を受け付ける。

 また、10~11月に東京、名古屋、大阪で1万枚のカードを展示する企画も実施し、「女剣士カナン」を先着で配布する。詳細は今後、発表される。

 「遊☆戯☆王」は、1996年9月~2004年3月に「週刊少年ジャンプ」(集英社)で連載された高橋和希さんの人気マンガ。「遊戯王OCG」はゲームやアニメを題材としたカードゲームで、コナミデジタルエンタテインメントが1999年に発売。日本、米国、欧州を中心に、75の国と地域で販売されている。

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});