2019/08/rugby-keio01-1.jpg

講義が行われたのは日吉にある慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科という大学院。大スクリーンが並ぶ最新の講義室で、スライドや映像を見ながらプロの話を聞くのは、なんだか大学生気分で新鮮!

2019/08/rugby-keio02-1.jpg

日吉にある慶應義塾大学の人工芝グラウンド。ボールを持った人を追いかける鬼ごっこ! 子どもたちがつけたGPSが、何回全速力に達したかを自動計測。がんばり力などを導き出します。

2019/08/rugby-keio03-1.jpg

私たちはつい、「早生まれだから成長が遅い」と気にしたり「他の子と比べてあれができない…」とできないことを見つけてしまいがち。でも最新技術を取り入れたデータ活用で、親は他と比べることなく、子どもの成長を数値化によって実感できます。子ども自身も自分を知り、やってきたことを「振り返り」、次の行動へ「改善する」ことで、体の成長だけでなく、心の成長にもつながっていくのだそう。みんなの賞状を眺める表情からは、充実感が伝わってきます。まりあちゃんの「みんな、またラグビーしたいですか?!」の問いかけにたくさんの子どもたちが手を挙げて元気な声で「はい!」と返事をしていました。