ファンタジア文庫(KADOKAWA)のライトノベルが原作のテレビアニメ「アサシンズプライド」で、楠木ともりさんが声優を務めるヒロインのメリダ=アンジェルのキャラクターソング「異人たちの時間」がエンディングテーマに決まったことが8月19日、分かった。只野菜摘さんが作詞、クリエーター集団「MONACA」の高橋邦幸さんが作曲・編曲を手がける。

 「アサシンズプライド」は、天城ケイさん作、ニノモトニノさんイラストのライトノベル。2016年1月から刊行されており、シリーズ累計発行部数は約50万部。貴族のみがマナと呼ばれる力を持つ世界を舞台に、主人公クーファ=ヴァンピールが、公爵家に生まれながら無才の少女メリダ=アンジェルと共に、裏の任務を遂行することになる……というストーリー。

 アニメは、小野友樹さんがクーファ=ヴァンピール、楠木さんがメリダ=アンジェルをそれぞれ演じるほか、石川由依さん、薮内満里奈さんらが出演する。相浦和也さんが監督を務め、赤尾でこさんがシリーズ構成を担当。EMTスクエアードが制作する。3人組声優ユニット「Run Girls,Run!」がオープニングテーマ「Share the light」を歌う。10月からTOKYO MXほかで放送。

 アニメの第1話「暗殺者の慈悲」の先行上映会が9月22日、TOHOシネマズ日本橋(東京都中央区)で開催され、小野さん、楠木さん、石川さん、薮内さんが登壇する。

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});