女優の広瀬すずさん主演のNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「なつぞら」で、なつ(広瀬さん)の幼なじみの山田天陽(てんよう)を演じている俳優の吉沢亮さんと、ドラマの脚本を手掛ける大森寿美男さんのトークショーが、北海道・十勝の鹿追町民ホールで8月25日に行われる。

 会場となる鹿追町民ホールは、“天陽くん”のモチーフとなった画家・神田日勝の作品を展示・所蔵する神田日勝記念美術館に隣接し、開催日の8月25日は日勝の命日にあたる。また脚本家の大森さんは「なつぞら」執筆以前からの「日勝ファン」として知られている。トークショーは入場無料だが、事前申し込みが必要。往復ハガキで7月31日(必着)まで受け付ける。

 「なつぞら」は、100作目の朝ドラ。戦後、北海道・十勝地方に移り住み、移民1世の柴田泰樹から開拓者精神を学んだなつは、高校卒業後に上京。当時「漫画映画」と呼ばれ、草創期を迎えていたアニメ業界に飛び込む。画家志望の友人・山田天陽に手ほどきを受けたデッサンの腕前を生かし、自然の中での生活で磨かれたみずみずしい感性を発揮していく……。