「京都国際マンガ・アニメフェア(京まふ)2019」
  • 「京都国際マンガ・アニメフェア(京まふ)2019」
  • 「京都国際マンガ・アニメフェア(京まふ)2019」
  • 「京都国際マンガ・アニメフェア(京まふ)2019」
  • 「京都国際マンガ・アニメフェア(京まふ)2019」
  • 「京都国際マンガ・アニメフェア(京まふ)2019」
  • 「京都国際マンガ・アニメフェア(京まふ)2019」
  • 「京都国際マンガ・アニメフェア(京まふ)2019」
  • 「京都国際マンガ・アニメフェア(京まふ)2019」
西日本最大のマンガ・アニメイベント「京都国際マンガ・アニメフェア(京まふ)2019」が、9月21日・22日の2日間で総来場者数47,160人を記録するなど、大盛況のうちに閉幕を迎えた。また“おこしやす大使”として「京まふ」の魅力を伝えた声優の下野紘、Vtuberで「にじさんじ」所属の樋口楓、本間ひまわりよりコメントも到着した。

メイン会場となったみやこめっせの出展ゾーンでは、グッズ販売をはじめステージや原画展示など個性豊かな出展ブースが「京まふ」を彩った。
中でも、おこしやす大使の樋口楓と本間ひまわりが所属するVTuberグループ「にじさんじ」とのコラボカフェ「にじさんじ おこしやす喫茶」は、メンバーオリジナルメニューやグッズの販売に加えて、接客配信といった新たな取り組みでも会場を盛り上げた。

またみやこめっせ地下1階では、「マンガ出張編集部」や「京都アニメ・ゲーム企業キャリアフォーラム」、「クリエイター向けセミナー」といった、企業・クリエイターと求職者が出会う場を創出。ロームシアター京都サウスホールとみやこめっせ地下1階にて開催されたステージでは、トークショーやライブにバーチャルライブ、舞台などを加えた25プログラムが実施された。
このほか、同じくみやこめっせ地下1階にて開催された「ソードアート・オンライン フィギュア展in京まふ」は2日間で約9,000人の来場者を迎えるなど、ファンにとって非常に魅力的な空間となった。

さらに、今年は「京まふ」初の試みとして、前夜祭イベント「ド葛本社のドタバタ家族旅行in京都」の開催も。マンガでもアニメでもないバーチャルのエンタテインメントを届けたことで、今後の「京まふ」の可能性を広げる取り組みとなった。

<以下、コメント全文掲載>


【下野紘】


日本のマンガ・アニメが東京だけではなく、色んな所ですごく盛り上がっているのだなと改めて実感しました。そして、おこしやす大使になったからこそ、こういう風に京まふが作り上げているのだなとか、京まふってこういうイベントだったのだなと、普段とは違った目線で見ることができましたし、色んな人たちがマンガ・アニメで盛り上げていきたいという気持ちがあることが見て取れました。
なかなか経験させてもらえないようなことを経験させていただいたたり、普段見られないものが見ることができたので、本当に楽しかったです。ありがとうございました。

【樋口楓】


アニメやマンガファンの方々がお集まりの中、バーチャルの世界からご挨拶をさせて頂きました! 素敵なイベントに参加できてとても楽しかったです! ありがとうございました!

【本間ひまわり】


はじめてのことでとても緊張しましたがとってもいい経験で楽しかったです! また大使になりたーーい! ありがとうございましたー!

「京都国際マンガ・アニメフェア(京まふ)2019」
【総来場者数47,160人】
みやこめっせ:29,096人
その他:18,064人
    ※京都国際マンガミュージアム及びファミリー企画等を含む

[アニメ!アニメ!ビズ/animeanime.bizより転載記事]
《仲瀬 コウタロウ》
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});