ディズニーの人気アニメを実写化した映画「ライオン・キング」(ジョン・ファブロー監督、8月9日公開)の日本語吹き替え版で、主人公シンバの声を担当する賀来賢人さんとシンバの幼なじみナラの声を担当する門山葉子さんが名曲「愛を感じて」を歌うミュージックビデオが8月2日、公開された。ナラの優しくも芯のある心を表現する門山さんの歌声と、シンバの心の葛藤を繊細に表現しようと熱唱する賀来さんの姿が収められている。

 賀来さんは、「シンバとナラの愛の表現が本当にすてきでした。ただきれいに歌えばいいということでもなくて、その中にもドラマがあるので、迷いや心の葛藤を歌で表現するのはとても難しかった」と振り返り、「日本語版の『愛を感じて』ができれば。(門山さんとのオリジナルの曲で)すてきになっていると思います」とコメントしている。

 「ライオン・キング」は、王子として生まれたライオン、シンバの成長を描く物語で、劇場版アニメが1994年に公開された。自分も父ムファサのような“王”になる日を夢見るものの、好奇心旺盛でまだ未熟なシンバに突如、悲劇が降りかかる。王位を狙うスカーのたくらみにより王国を追放されてしまい、一人飛び出したシンバは、まだ見ぬ世界での新たな出会いや冒険を通じ、王としての使命は何なのかを学んでいく……というストーリー。