ノンスタイルの井上裕介【写真:竹内みちまろ】
  • ノンスタイルの井上裕介【写真:竹内みちまろ】
 NON STYLE・井上裕介が、3日放送の『さんまのお笑い向上委員会』(フジテレビ系)に出演。先ごろ報じられた自宅マンション騒音事件について追及される一幕があった。

※今週のエンジニア女子をチェックする

 この日の収録は、雨上がり決死隊・宮迫博之が吉本興業から契約解除を告げられた7月19日の夜。この日、ひな壇にいた相方・蛍原徹に対し、明石家さんまも「そんな時にキャスティングされてて……」と神妙そう。

 蛍原の後輩にあたる陣内智則やケンドーコバヤシも、突然の出来事に「どうしたらいいのか分からない」と戸惑いの表情を浮かべていた。そんな中、始まったのが鬼越トマホークの喧嘩ネタ。2人の間に割って入った仲裁者が、坂井良多から的を射た暴言を吐かれるというものだが、そこに「ちょっと、もう辞めろや」と止めに入ったのが井上。

 そんな井上は先月7月7日の夜、後輩芸人を集めて自宅マンションで焼肉パーティーを開催。だが窓を開けっぱなしにして大騒ぎしていると通報され、警察が出動する事態に発展していた。

 鬼越トマホーク坂井良多はそれを取り上げて、井上に「うるせえな!お前窓閉めて騒げよ」と一喝。井上も素直に「ごめん」と謝罪した。

 だがそんなニュースに、明石家さんまは「俺もいろいろ間に挟まって、大変なときに……」と苦言。相方・石田明は「(井上は騒動が)ちょっとでも許されようと思って、その焼肉は『ふるさと納税』の返礼品だったと言い訳していた」と暴露。麒麟・川島明も「お前は焼くな何も」「生で食えお前は」と叱り飛ばした。

 今回の闇営業問題でフラストレーションが溜まっていた芸人仲間から、思わぬばっちりを受けた形となった井上は何も言い返せず、防戦一方だった。
《杉山実》
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});