東村アキコさんのマンガを女優の杏さん主演で実写化した連続ドラマ「偽装不倫」(日本テレビ系、水曜午後10時)の第3話が7月24日に放送される。姉・葉子(仲間由紀恵さん)の結婚記念日前に、なんとか指輪を取り戻したものの、鐘子(杏さん)はこれでもう丈(宮沢氷魚さん)に会うことはないのだと寂しさを感じる。一方、人知れず頭痛とめまいに苦しむ丈は何か秘密を抱えている様子で……。

 鐘子を既婚者と思い込んだ姉の灯里(MEGUMIさん)から、不倫はいけないとくぎを刺された丈は、鐘子にはもう会わないと話していた。そんな中、不倫相手のボクサー、風太(瀬戸利樹さん)から「練習中にけがをしたので見舞いに来てほしい」とせがまれた葉子は、賢治(谷原章介さん)との結婚記念日ディナーを抜け出す口実を作るため、鐘子に「急病を装って病院から呼び出してほしい」と協力を頼む。

 誰もがうらやむ理想の結婚生活を送りながら、うそを重ねて不倫を続ける葉子に疑問を持つ鐘子は、自分は姉のようにはうそをつき続けられないと実感し、「うそをつき続けても自分が傷つくだけだから、もう丈とは会わない」と心に決めて……?

 ドラマは、ウェブマンガサービス「LINEマンガ」で連載中の東村さんのマンガが原作。不倫といううそから始まる“純愛”が描かれる。