人気ライトノベル「魔術士オーフェン」の新作テレビアニメ企画「魔術士オーフェンはぐれ旅」に出演する浪川大輔さん、日笠陽子さんがコメントを寄せた。オーフェンの師匠のチャイルドマンを演じる浪川さんは「不朽の名作を20年前同様、盛り上げていけたらと思っておりますので、何とぞよろしくお願いいたします!」と話している。

 オーフェンが義姉のように慕っていたアザリー役の日笠さんは「ファンの方に長く愛される原作、そして大先輩方が演じてこられたキャラクターたちを、世代を超え演じることに緊張しています。自分にできる表現を突き詰めて、たくさんの方に見ていただけるよう心を込めて演じますのでよろしくお願いします!」とコメントを寄せている。

 「魔術士オーフェン」は、秋田禎信さん作、草河遊也さんイラストのライトノベル。モグリの金貸し兼魔術士のオーフェンが仲間と旅をする姿が描かれている。同作は、1998~2000年にテレビアニメ化されており、シリーズ誕生25周年を記念した企画の一環として、約20年ぶりに新作テレビアニメが制作されることになった。主人公・オーフェン役の声優は森久保祥太郎さんが続投することも話題になっている。2020年1月に放送。

 ◇浪川大輔さんのコメント

 オーフェンの師匠でございます。20年前のテイストとはまた違うものがあります。チャイルドマンの展開も、ぜひ楽しみにしていただければと思います。不朽の名作を20年前同様、盛り上げていけたらと思っておりますので、何とぞよろしくお願いいたします!

 ◇日笠陽子さんのコメント

 アザリーはオーフェンの家族のような、姉のような存在です。いたずら好きで子供っぽい一面があるかと思えば、自分の目的のために冷酷に振る舞うこともあります。ファンの方に長く愛される原作、そして大先輩方が演じてこられたキャラクターたちを、世代を超え演じることに緊張しています。自分にできる表現を突き詰めて、たくさんの方に見ていただけるよう心を込めて演じますのでよろしくお願いします!

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});