故・水木しげるさんのマンガが原作のテレビアニメ「ゲゲゲの鬼太郎」(フジテレビほか)の第68話「極刑!地獄流し」が8月11日、放送される。

 コンビニ強盗犯のカケルは、逃走する途中で鬼太郎に出会う。鬼太郎に促され不気味なバスに乗り込んだカケルが行き先を尋ねると、鬼太郎はただ「あなたの行くべき場所に」とだけ告げる。バスが行きついたのは、この世のものとは思えない不気味な場所だった。おびえるカケルに、乗客の一人が「僕らは地獄に送られてしまったんだ」と語る。恐怖のあまりバスを止めようとするが、バスは止まらない。カケルは無我夢中でバスから飛び降りてしまう……。巨大なクモの妖怪・土蜘蛛(つちぐも)が登場し、高塚正也さんが声優を務め、石川界人さんがカケルを演じる。

 「ゲゲゲの鬼太郎」は、主人公の鬼太郎が、ねずみ男、砂かけばばあら個性的な仲間の妖怪たちと、さまざまな事件に立ち向かうマンガが原作。新作アニメは人々が妖怪の存在を忘れた現代が舞台。フジテレビほかで毎週日曜午前9時に放送。