TVアニメ『球詠』ティザービジュアル(C)マウンテンプクイチ・芳文社/新越谷高校女子野球部
  • TVアニメ『球詠』ティザービジュアル(C)マウンテンプクイチ・芳文社/新越谷高校女子野球部
  • TVアニメ『球詠』ロゴ(C)マウンテンプクイチ・芳文社/新越谷高校女子野球部
TVアニメ『球詠』(たまよみ)より、制作スタッフ情報やティザービジュアルが公開。さらに放送が2020年春より始まることが発表された。

『球詠』は芳文社「まんがタイムきららフォワード」連載のマウンテンプクイチによる同名コミックが原作。
作品の舞台は埼玉県、新越谷高校。入学した高校で幼なじみの山崎珠姫と再会した武田詠深が、仲間たちと共に再び停部中の野球部を復活させ、全国大会を目指す姿を描く青春女子野球ストーリーだ。

本作のアニメーション制作は『フレームアームズ・ガール』や『超可動ガール1/6』を手掛けるsutudio A-CATが担当。シリーズ構成は『らき☆すた』や『THE IDOLM@STER』など女の子同士の友情作品を多く手掛ける待田堂子、キャラクターデザインは『この素晴らしい世界に祝福を!』の菊田幸一に決定。監督は『MAJOR』シリーズの福島利規が務めることが決まった。

そして、主人公の詠深と珠姫が炎天下の試合中、ピッチャーマウンドで協議する姿が描かれたティザービジュアルが公開。試合の臨場感や野球に取り組む情熱が伝わってくるような、本格野球アニメを期待させるビジュアルとなった。

野球やアクション作品を多く手掛けてきた福島監督が描く青春女子野球アニメ『球詠』は、2020年春より放送予定。

<作品概要>
◆放送情報
2020年 春 放送決定

◆STAFF
原作:マウンテンプクイチ
「まんがタイムきららフォワード」連載(芳文社刊)
監督:福島利規
シリーズ構成:待田堂子
キャラクターデザイン:菊田幸一
アニメーション制作:studio A-CAT


(C)マウンテンプクイチ・芳文社/新越谷高校女子野球部
《松本 翼》