この記事は私がまとめました

neeeiu872hiさん

ぽっこりお腹になる原因は?

”摂取カロリーと消費カロリーが上手く釣り合っていないと、体型のバランスも整いませ ん。ぽっこりお腹になる方の大半は摂取カロリーが大幅に上回ってしまい、それが体内の脂 肪蓄積に変わった状態となっています。”

代謝率の低下
代謝率とは、脂肪を燃焼させるときに消費する力のこと。代謝率をしっかりと上げていか ないと、ぽっこりお腹の改善に繋がりません。お腹だけがぽっこり出ている状態は、内臓脂 肪の蓄積による体型で俗に「リンゴ型体型」と呼ばれます。

ぽっこりお腹を解消するために鍛えたい場所

①腹筋を鍛える 腹筋が弱いと、お腹が引き締まった美しい姿勢を維持できず、ぽっこりお腹の原因となりま す。腹筋を鍛えることで姿勢改善されます。

②ももの裏とお尻の筋肉を鍛え、ももの表をほぐす ももの表がパンパンに張っているが、ももの裏がたるんでいる。この状態は下腹脂肪がたま りやすくぽっこりの原因になります。

③内臓を正しい位置へと整える ”内臓河水が直接的な原因となっているぽっこりお腹。内臓が下垂すると本来の働きができ ないために肥満の原因となります。体幹トレーニングでお腹まわりの筋肉を鍛えて内臓を正 しい位置へと整えることが大切です。

それではさっそく、トレーニング方法を紹介していきます。

おすすめトレーニング5選!

うつぶせの状態から肘と腕を肩幅位に開き、肘・腕とつま先で体を持ち上げましょう。目 線は床を見るようにして、頭の先からかかとまでまっすぐの状態を意識してキープします。 10~15秒ほど保つようにするのを2セット

慣れてきたら少しずつ時間を伸ばしてみてください。

身体を横向きの状態にしてから、片手(もしくは肩肘)をつき身体を傾けた状態をキー プ。こちらも最初は無理をせず10~15秒ほど保つようにして2セットほどやりましょう。

①自然な状態で手を地面に置き仰向けに寝ます ②肩幅に足を広げます ③肩甲骨を支点に太ももとお腹の筋肉を使い肩から膝までが一直線になるように骨盤を浮か します。”

足を左右に大きく広げ、つま先は斜め外側へ向けます。手は腰、もしくは胸の前で合わせ ます。腰を下げていきます。お尻を突き出し、状態は軽く前に倒します。膝が直角近くまで 下りたら、ゆっくり元の姿勢に戻ります。

脊柱起立筋を鍛えるのに、一番なじみのある種目だと思います。うつ伏せになって、状態 を上げていきます。脚を押さえる物がない場合、上体と一緒に脚も上げるようにすると、バ ランスが取れます。

背筋を鍛えるトレーニングです。こちらは姿勢の改善に役立ちます。

1人だと飽きてしまうという方は動画をみながら一緒にエクササイズはいかがですか?

有酸素運動を取り入れてさらに効果UP!

有酸素運動には、20分以上の運動が必要となります。普段あまり運動をやっていない方や3 日坊主という方は、まず帰り道や日頃の生活圏内の道を20分以上かけて歩く方法でも構い ません。

ぽっこりお腹を解消するとともに、ダイエットしたい!という方は有酸素運動を取り入れた ほうがより効率的です!最初はつらいかもしれませんが、慣れてくればむしろ走るのが気持 ちよくなるかもしれませんよ!

運動が苦手という方は、ぽっこりお腹解消のストレッチがおすすめ!

2.脇腹が伸びる!色っぽひねり

1 2