俳優の間宮祥太朗さん主演の連続ドラマ「べしゃり暮らし」(テレビ朝日系、土曜午後11時15分)が7月27日にスタートする。原作は人気マンガ「ろくでなしBLUES」などで知られる森田まさのりさんの同名漫才マンガ。間宮さん演じる高校生・上妻圭右が、笑いに青春を懸ける姿を描く。圭右が結成する漫才コンビ「きそばAT」の相方・辻本潤を、ロックバンド「黒猫チェルシー」の渡辺大知さんが演じる。

 このほかに、圭右の同級生の子安蒼太役で矢本悠馬さん、ヒロイン・鳥谷静代役で小芝風花さん、圭右の幼なじみの土屋奈々役で堀田真由さん、プロの漫才コンビ「デジタルきんぎょ(デジきん)」の金本浩史役で駿河太郎さん、藤川則夫役で尾上寛之さん、漫才コンビ「るのあーる」の梵健太役で浅香航大さん、上原裕也役で早乙女友貴さんらが出演。演出は、劇団ひとりさんが担当する。

 初回は、幼い頃から人を笑わせることが大好きな“学園の爆笑王”の圭右が、親友の子安たちと昼の校内放送で軽快なトークをしていると、関西出身の転校生・辻本が現れる。圭右は辻本を放送に引き込み、アドリブで絶妙なかけ合いを披露。全校中が大爆笑となる。

 辻本が漫才大会で優勝経験もある元芸人だと知った圭右は、ライバル心を抱き“打倒辻本”を掲げると、辻本はそんな圭右に興味を抱く。そんな中、関西在住の高校生・静代が突如、単身上京してくる……。

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});