7月27日から名古屋市近郊や、東京で開催のコスプレの祭典「世界コスプレサミット(WCS)2019」のオープニングセレモニーが26日、東京都内で行われ、荒木飛呂彦さんの「ジョジョの奇妙な冒険」シリーズのキャラクターに扮(ふん)したコスプレーヤーが続々と登場した。

 オープニングセレモニーには、コスプレの世界一を決める「ワールドコスプレチャンピオンシップ」の世界各地の予選を勝ち抜いた39の国と地域の代表コスプレーヤー78人(2人1組)が集結。スペイン代表はシリーズ第8部の「ジョジョリオン」の東方大弥と広瀬康穂、イギリス代表は第5部「黄金の風」のジョルノ・ジョバァーナとトリッシュ・ウナ、シンガポール代表はジョルノ・ジョバァーナのコスプレを披露した。

 WCSは、2003年にスタートしたコスプレの祭典。「ワールドコスプレチャンピオンシップ」が行われるほか、コスプレ撮影やさまざまなイベントが開催される。17回目を迎える今回は「世界コスプレサミット2019 in TOKYO」と題して、東京でも初めて開催。東京では、7月27、28日に東京ドームシティ(東京都文京区)で開催。名古屋市内と近郊では31日~8月4日に開催され、最終日の4日に「ワールドコスプレチャンピオンシップ」の決勝大会が行われる。