逢田梨香子1st EP「Principal」発売記念Birthdayイベント写真(撮影:石井亜希)
  • 逢田梨香子1st EP「Principal」発売記念Birthdayイベント写真(撮影:石井亜希)
  • 逢田梨香子1st EP「Principal」発売記念Birthdayイベント写真(撮影:石井亜希)
  • 逢田梨香子1st EP「Principal」発売記念Birthdayイベント写真(撮影:石井亜希)
  • 逢田梨香子1st EP「Principal」発売記念Birthdayイベント写真(撮影:石井亜希)
  • 逢田梨香子1st EP「Principal」発売記念Birthdayイベント写真(撮影:石井亜希)
  • 逢田梨香子1st EP「Principal」発売記念Birthdayイベント写真(撮影:石井亜希)
  • 逢田梨香子1st EP「Principal」発売記念Birthdayイベント写真(撮影:石井亜希)
  • 逢田梨香子1st EP「Principal」発売記念Birthdayイベント写真(撮影:石井亜希)
声優・逢田梨香子の1stEP「Principal」発売記念Birthdayイベントが、2019年8月8日にZeppTokyoにて開催。
逢田のBirthdayイベントは昨年も行われたが、今年はタイトルにもあるように6月にリリースされたデビュー作「Principal」を引っさげたものだ。ソロアーティストとしての初めてステージを目撃すべく、会場には多くのファンが詰めかけた。

会場が暗転すると、ステージ上のスクリーンには逢田の幼い頃の写真が多く映し出され、それがやがて「Principal」のアーティスト写真やレコーディング風景のものに変わっていく。
それはまるで、この日がBirthdayイベントという側面がある一方で、彼女のアーティストとしてのもうひとつのBirthdayを迎えたことも示すような演出だ。

そして、最後にスクリーンに映し出された「Happy Birthday 2019.08.08」の文字とともに記念すべきイベントは幕を開け、細かいチェックのトップにシルバーのロングスカートを身につけた逢田が大歓声とともにステージ上に登場。
ちなみにこの日は、逢田のオフィシャルメンバーサイト「Us(アス)」もオープンしたばかり。水色の「Us」のオフィシャルユニフォームを着ている観客も多く、逢田は「水色率高いですね! ということは、みんな『Us』メンバーになってくれたんですね!」とさっそくファンとの交流を楽しむ。

イベントは、アニメ好きで知られるフリーアナウンサー・松澤千晶をMCに迎えてのトークパートからスタート。ガールズトークらしい雰囲気がありながらもいくつかのキーワードとともに、逢田自身がアーティスト活動を始めて現在に至るまでの心境が赤裸々に語られていく。


1stEP「Principal」発売記念Birthdayイベントの様子【画像クリックでフォトギャラリーへ】
逢田は最初の「ソロアーティストとしては無色透明」というキーワードのなかでは、デビューにあたり「自分が主役だと思わなくてはならない。自信をもってたくさんの方を引っ張れるようなアーティストになりたい」という決意を伺わせる一方で、続くキーワードでは「単独ライブは考えただけで怖い」と素直な心境も吐露。
たしかに、これまでのライブ活動はユニットがメインだっただけに、逢田にとってひとりでのステージは未知数だ。だが最後は「いつか頑張らなければならないときが来るので、みなさん楽しみにしていてください!」と、笑顔でファンと約束する。

そして最後のキーワードに選ばれたのは、「ここから叶えたい夢を数えながら踏み出そう」という、「Principal」のリードトラックである「FUTURELINE」からの引用だ。
畑亜貴が書いたこの歌詞に、逢田自身も「夢ってひとつじゃなくていいんだ、たくさん大きい夢を持ってもいいんだって思わされたし、恐れずにチャレンジしていこうって励まされた」とのこと。
そうしたたくさんの夢のひとつとして逢田は「作詞」と答え、「しっかりと自分の言葉でみなさんにメッセージを届けたいと思います」と今後に向けての抱負を語った。

テーマトークのあとは「逢田梨香子の初体験チャレンジ」と称して、逢田がまだやったことのない初体験にステージ上でチャレンジしようというコーナーへ。ダーツや早押しクイズ、テーブルクロス引きと挑戦していき、いずれも見事に大成功を収める。
その後、VTRでは食パン作り(生地をこねるだけで満足してしまったので未遂)、高級食パンの食レポなども行われ、誕生日を迎えて新たな一歩を踏み出した彼女にふさわしい(?)チャレンジの数々に会場も大いに湧いた。


1stEP「Principal」発売記念Birthdayイベントの様子【画像クリックでフォトギャラリーへ】
続いては、声優・逢田梨香子としての一面を見せる朗読劇が行われる。「電子プレリュード」と名づけられた本劇は、コミュニケーションアプリを通じたとある女子ふたりの友情を甘酸っぱく描いたもの。逢田と個人的にも仲の良いゲスト・北原沙弥香とともに、表情豊かにセリフを発していく姿がステージ上で展開していく。
配役については、昼夜公演でお互いに入れ替えて行われ、逢田も自身にとって初めての朗読劇を魅力たっぷりに演じてみせた。

スクリーン上に「Principal」のメイキング映像が流れたあとは、いよいよアーティスト・逢田梨香子の初となるライブが幕を開ける。
白いドレスに身を包んだ彼女がステージに中央に立った瞬間に聴こえたのは、「ORDINARY LOVE」の優しいイントロダクションだ。TVアニメ『川柳少女』のEDテーマであり、ソロ作としていちばん最初に届けられた楽曲が、逢田にとっての最初の歌唱ステージでの1曲目となった。


1stEP「Principal」発売記念Birthdayイベントの様子【画像クリックでフォトギャラリーへ】
MCでは、この日が初の歌唱ステージであり、緊張感溢れるなかで当日を迎えたと話していたが、観客と会話することでそれが少しほぐれたことをうかがわせる。
そこから「続いての曲、いっちゃいたいと思います」と威勢良く観客に告げると、続いてはWEAVERの杉本雄治が提供した、歌謡テイストを感じさせる情熱的なロックナンバー「アズライトブルー」へ。ミディアムな1曲目からアグレッシブなサウンドにシフトしたことで、逢田もまたリズムに乗って体を揺らしながらパワフルな歌声を響かせる。

直後のMCでは、改めてこの日を迎えるまでを振り返り「不安でドキドキしていて、8月が来ることが恐怖だった」とソロ活動するにあたっての不安を素直に吐露する。
しかし、そのうえで「リリイベとかでみなさんにたくさん声をかけていただいて、“私はひとりじゃないんだ”ってだんだん自信がつくようになってきたというか、やっとアーティストとして一歩踏み出す ことができたんじゃないかという気持ちです」とも語り、ファンの温かい声援を受けて自信を深めていった様子をみせた。

「私も、ちょっと迷っている人とか、誰かの辛いときに手助けをできる、微力かもしれないけど背中を押してあげたいと思うようになりました。これから素敵な作品を通して感謝の気持ちと届けていきたいと思います!」という、力強いコメントのあとで鳴らされたこの日最後の曲は、「Principal」の1曲目に収録されている「FUTURELINE」だ。


1stEP「Principal」発売記念Birthdayイベントの様子【画像クリックでフォトギャラリーへ】
同曲は作詞に畑亜貴、作曲に光増ハジメ、編曲にEFFYといった、「これまでの彼女」を支えてきたクリエイターたちがアーティスト・逢田梨香子のために作った、未来に向けて一歩踏み出すことを力強く歌うもの。先ほどのMCを受けての楽曲だけに、「改めて、ここから逢田梨香子の音楽という物語が始まるんだ」ということを実感させるパフォーマンスで、観客も思い思いのペンライトの色で応える多幸感溢れるムードのままにライブパートの幕が閉じられた。

エンディングでは、観客との記念撮影の前にサプライズでバースデー・ケーキが登場するなど、最後まで祝福的なムードで進んだこの日のBirthdayイベント。
終演直後にはスクリーンに映る「特報」の文字に続いて、TVアニメ『戦×恋(ヴァルラヴ)』のOPテーマとなる1stシングルが11月13日にリリースされることも発表され、アーティスト・逢田梨香子の今後にますます期待が膨らむ締めくくりとなった。

逢田梨香子 1stSingle「タイトル未定」発売決定!
発売日:2019年11月13日(水)
価格:初回限定盤(CD+DVD)3,200円(taxout)
   ※40Pブックレット
   ※DVD収録内容:MusicVideo他、メイキング映像を収録
   通常盤(CDonly)1,300円(taxout)
   ※トレーディングカード ランダム封入
《仲瀬 コウタロウ》
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});