女優の広瀬すずさん主演のNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「なつぞら」は9月28日に最終回を迎える。ヒロイン・なつ(広瀬さん)の物語も残りわずかとなったが、ここでは劇中で産み落とされた数々のアニメーション作品を紹介する。今回はなつが作画監督に抜てきされたテレビ漫画シリーズ「キックジャガー」だ。

 「キックジャガー」は、キックボクシングを題材にした格闘技マンガが原作。孤児院出身の主人公が、正体がバレないようにジャガーの覆面をし、孤児たちのために戦う……。ポスターに記載されたキャッチコピーは「手に汗握る大アクション!正義の心は隠さない!行くぜ、僕らのキックジャガー!」。必殺技は「ダブル真空跳び蹴り」だ。

 実際のアニメのキャラクターデザインと作画は、ベテランアニメーターの大橋学さんが手掛けた。大橋さんは東映動画(現・東映アニメーション)出身で、1969~71年に放送されたテレビアニメ「タイガーマスク」にも参加。「タイガーマスク」でキャラクターデザイン・作画監督を務めた故・木村圭市郎さんの弟弟子であり、今回の「キックジャガー」は、木村さんのスタイルを目指して制作した。

 なお、劇中でなつが作監修正した「キックジャガーの絵」は、アニメ「交響詩篇エウレカセブン」「ガンダム Gのレコンギスタ」のキャラクターデザインなど知られるアニメーター・吉田健一さんの手によるもの。

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});