九州と山口県の民放7局の人気情報番組に出演するローカルスターがカラオケバトルを繰り広げるイベント「つないで歌って対抗戦・みんなでつないで歌おう」がこのほど、ホテル日航福岡(福岡市博多区)で開催された、カラオケの第一興商の新商品発表会「DK EXPO2019 福岡」内で行われた。系列の枠を超えたカラオケ対決に、出場者は地元の意地をかけて熱唱した。

 イベントは、カラオケで九州・山口を一つにつなげようと、熊本県民テレビの「サタデココ」の古庄剛プロデューサーが各局に働きかけて実現。「サタデココ」のばってん城次さんと服部さやかさん、RKB毎日放送の「今日感テレビ Sunday」の石本愛さん、長崎国際テレビの「ひるじげドン」の渡辺シャンタルさん、鹿児島読売テレビの「かごピタ」の宮田玲奈アナウンサー、テレビ宮崎の「UMK情報net 3きゅう」の日野誠さん、テレビ大分「ゆ~わくワイド&ニュース」の森祐作さん、テレビ山口「週末ちぐやま家族」のどさけんさんが出場した。

 会場では、出場者が2チームに分かれて、最新機種の「LIVE DAM Ai」の歌唱採点の点数で熊本の馬刺しや大分の関あじなど地元名産品を取り合う「つないで歌って対抗戦」や、視聴者プレゼントを懸けて高得点を目指す「歌って超えろ85点」などの企画が展開された。

 石本さんは歌手の中森明菜さんのコスプレで登場、自称“スーパーアイドル”の日野さんはローラースケートを履いて光GENJIの「パラダイス銀河」を披露するなどそれぞれがパフォーマンスを繰り広げた。唯一、局アナとして参加した宮田アナはボイストレーニングを積んだという劇場版アニメ「アナと雪の女王」の主題歌「Let it go」をアナのコスプレで熱唱し、最高の94点を記録して、大喜びしていた。

 そのほか、熊本を拠点に活動するタレントのスザンヌさんと各局のプロデューサーがカラオケを活用した番組を考える企画会議なども行われた。

 イベントの模様は各局の取材陣が密着し、各番組で順次放送される。

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});