女優の小池栄子さん主演の連続ドラマ「わたし旦那をシェアしてた」(読売テレビ・日本テレビ系、木曜午後11時59分)の第5話が8月1日に放送される。加藤と名乗る男が、シェアハウス「シングシングハウス」を訪れる。加藤は、恭平(平山浩行さん)の友人で、晴美(小池栄子さん)、加奈子(りょうさん)、茜(岡本玲さん)の相談役になってほしいと恭平から頼まれていたというのだが……。

 加藤から証拠として恭平との2ショット写真を見せられるものの、晴美たちは信用できない。加藤は、恭平のアドバイスを受けて心療内科医から転職し、スポーツ選手や経営者を相手にしたメンタルトレーナーをしていると語る。

 さらに、文江(夏木マリさん)がかつて外科医だったことや、秀明(赤楚衛二さん)に窃盗の前科があることを言い当てる。秀明は加藤を目の前に動揺。加藤と名乗る男の正体は森(黒木啓司さん)で、秀明は晴美たちが森に近付くのを止めようとするが、逆に怪しまれてしまう。そんな中、文江は晴美たちに「秀明と恭平の本当の関係は?」という新たな課題を与える。第5話の予告映像には「第2章開幕!」「妻たちに伸びる凶悪犯の手」「さらに深まる夫の謎」「3億円をめぐり ついに全面戦争へ」といった文字も映し出されている。

 ドラマは、同じ男性・恭平を愛した3人のシングルマザー、森下晴美(小池さん)、小椋加奈子(りょうさん)、藤宮茜(岡本さん)が、恭平の遺言で、シングルマザー専用のシェアハウス「シングシングハウス」で同居することになり、“夫”の遺産を巡って戦い、数々の謎に巻き込まれていくミステリー。