俳優の大森南朋さん主演の連続ドラマ「サイン―法医学者 柚木貴志の事件―」(テレビ朝日系、木曜午後9時)がこのほど、クランクアップを迎えた。公開されたクランクアップ時の写真には、大森さんや飯豊まりえさん、仲村トオルさんら「日本法医学研究所」のメンバーが集合。柚木(大森さん)に師事する新人解剖医・中園景を演じた飯豊さんに、大森さんがひざまずいて花束を渡す様子も写し出されている。

 最終回は、殺された人気歌手から見つかった青い繊維と、次期総裁候補の娘・楓(森川葵さん)の自宅から押収した青いぬいぐるみ。解剖医・柚木らが照合検査にかけるが、結果は不一致だった。柚木は楓の罪を暴く“真実のサイン”を手に入れるため、決死の勝負に出る……という内容。9月12日午後9時から15分拡大スペシャルで放送される。

 今作は韓国で2011年に放送された人気法医学サスペンス「サイン」のリメークドラマ。死因究明に特化した「日本法医学研究院」という厚労省・警察庁共管の架空組織を舞台に、遺体の声無き声に耳を傾け続ける法医学者たちが、不都合な事実を隠蔽(いんぺい)する巨大権力に立ち向かっていく姿が描かれる。

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});