人気アニメ「ガンダム」シリーズのプラモデル「ガンプラ」によるバトルを描いたアニメ「ガンダムビルド」シリーズの新作「ガンダムビルドダイバーズRe:RISE」のガンプラが、バンダイスピリッツから発売される。プラモデルは「HG BUILD DiVERS Re:RISE(HGBD:R)」「SD BUILD DiVERS Re:RISE(SDBD:R)」シリーズに登場。アイテム同士の互換性を生かし、武器やパーツを組み替えられる。

 アニメの主人公機であるコアガンダムは、サポートアーマーとドッキングするプラネッツシステムを搭載する。プラモデルは、プラネッツシステムを再現できるガンプラ初の新機構コアドッキングカスタムを採用。コアガンダムに腕、脚、装甲をドッキングすることによって、さまざまなシルエットやカラーリングにカスタマイズできる。

 「HGBD:R 1/144 アースリィガンダム」(1540円、10月発売)は、コアガンダムとサポートメカであるアースアーマーが合体して、アースリィガンダムになる。コアスプレーガン、コアシールドは強化パーツを使うことで、大型武器になる。

 「HGBD:R 1/144 コアガンダム(G3カラー)&ヴィートルーユニット」(1540円、11月発売)は、コアガンダムとヴィーナスアーマーとがドッキングした重火器仕様のヴィートルーガンダムのプラモデルで、G3ガンダム風カラーリングのコアガンダムとヴィートルーガンダム用装甲パーツのセット。

 コアガンダムとマーズアーマーがドッキングした近接格闘戦特化型のマーズフォーガンダムのプラモデル「HGBD:R 1/144 コアガンダム(リアルタイプカラー)&マーズフォーユニット」(1540円、11月発売)も登場。リアルタイプガンダム風カラーリングのコアガンダムとマーズフォーガンダム用装甲パーツのセットとして発売される。