この記事は私がまとめました

mamegikuさん

◆◆◆濡れ髪で色っぽく◆◆◆

トレンドの濡れ感を仕上げるのに重要なのはヘアスタイリング剤。でも種類や口コミがありすぎてどれを使っていいかよくわからない。

ベビーオイルで作るウェットヘアが、いま人気沸騰中!その人気の秘密は、なんといっても「色っぽさ」。しっとりとした質感の髪は、ツヤっぽく少しけだる気な印象にしてくれるんです♡

女性のベリーショートも濡れ髪、ウェットスタイリングでツヤ出して涼しく見せるのも良いですね! pic.twitter.com/cQjX5tJWvZ

◆◆◆”濡れ髪”ってどんなヘアスタイル?◆◆◆

濡れ髪は、毛先のパサつきやひろがりがまとまって見えツヤっぽい仕上がりになるのです♡

オイルやワックス、ヘアジェルなどのスタイリング剤で簡単に濡れ髪を作ることができますよ。

◆◆◆ベビーオイルで絶秒な濡れ髪◆◆◆

ベビーオイルは超万能アイテム!肌の保湿やクレンジングに使えるだけでなく、「濡れ髪」スタイリングにも使えちゃうんです♡

プチプラでドラッグストアでもお手軽に簡単に手に入れることができるアイテムです

「ウェットヘアをつくるためだけに大きいサイズのものを買うのはちょっと……。」という方や、「試しに使ってみたい!」という方でも挑戦しやすいのがうれしいですね♪

美容成分で知られているハトムギ配合のベビーオイル。ベタつかずに、しっとりとした仕上がりになりなると評判。

◆◆◆実践!ベビーオイルで作るウェットヘア◆◆◆

<ウェットヘアのやり方>

1. 髪全体を濡らし、ドライヤーを使って半乾きに。(濡らしてからベビーオイルをつけることで、オイルがなじみやすくなります。)

2. ベビーオイルを手のひらに1、2滴たらして広げる。

3. 毛先から髪の中心にベビーオイルをなじませるようにつける。

4. 手に残ったベビーオイルで、前髪の毛先を中心に束感が出るようにつける。

☆彡ウェットヘアを作るときのポイント

その1.毛先を中心につける

全体的に濡れ感が欲しいときも、毛先を中心につけて、余ったベビーオイルを全体に塗っていくイメージでセットしましょう!

その2.前髪にオイルをつけ過ぎない

前髪にたっぷりとベビーオイルを付けすぎると、まるで汗をたくさんかいたようになってしまいますよね。それでは「ウェットヘア」ではなく、ただの「油っぽい髪」です!

そうなることを防ぐために、前髪にベビーオイルを付ける際には、うしろ髪に付けた残りを軽くつけるようにしましょう♡

1 2
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});