「週刊少年ジャンプ」(集英社)で連載中の堀越耕平さんのマンガが原作のアニメ「僕のヒーローアカデミア」の劇場版最新作「僕のヒーローアカデミア THE MOVIE ヒーローズ:ライジング」(長崎健司監督、12月20日公開)の特報映像が8月1日、公開された。

 「僕のヒーローアカデミア」は、人口の約8割が超常能力・個性を持つ世界を舞台に、主人公のデクこと緑谷出久が、最高のヒーローを目指す姿を描いている。テレビアニメ第1期が2016年4~6月、第2期が2017年4~9月、第3期が2018年4~9月に放送された。第4期が今年10月にスタートする。コミックスの累計発行部数は2300万部以上。

 今作の舞台は、校外ヒーロー活動のために訪れた離島・那歩島(なぶじま)。「引退したNo.1ヒーロー・オールマイトの後を継ぐ次世代のヒーロー育成プロジェクト」の一環として、平和な島の人々を助け、慌ただしい日々を送っていた雄英高校1年A組メンバーの前に現れたのは、最凶の敵(ヴィラン)・ナインとその部下たち。恐るべき力と“個性”を持ち、そして死柄木弔率いる敵連合とも何らかのつながりがあると思われるナインには、ある“狙い”があった。島に住む人々をナインたちから守るため、デクたち1年A組メンバーが“ニューヒーロー”として立ち向かう。

 今回公開された特報映像は、「最凶の敵ナイン」「立ち向かうのは雄英高校1年A組」といったテロップが登場し、ナインの姿や、デクと爆豪、麗日お茶子、飯田天哉、轟焦凍などおなじみのメンバーたちが次々と映し出されている。

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});