女優の広瀬すずさんが主演を務めるNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「なつぞら」の最終第156回が、9月28日に放送され、平均視聴率は21.0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区・以下同)だったことが分かった。また初回から最終回まで、全156話の期間平均視聴率は21.0%を記録。前作「まんぷく」の期間平均21.4%には及ばなかったものの、20%の大台超えを達成した。

 ドラマは節目の100作目の朝ドラとして4月1日にスタート。番組最高は第139回(9月9日放送)の23.8%。週平均の番組最高は第3週「なつよ、これが青春だ」(4月15~20日)でマークした22.6%だった。

 「なつぞら」は、脚本家の大森寿美男さんのオリジナル作。戦後、北海道・十勝地方に移り住み、移民1世の柴田泰樹から開拓者精神を学んだ奥原なつは、高校卒業後に上京。当時「漫画映画」と呼ばれ、草創期を迎えていたアニメ業界に飛び込む。画家志望の友人・山田天陽に手ほどきを受けたデッサンの腕前を生かし、自然の中での生活で磨かれたみずみずしい感性を発揮していく……という内容だった。

 9月30日からは戸田恵梨香さん主演の101作目の朝ドラ「スカーレット」がスタートしている。

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});