特撮ドラマ「仮面ライダー」シリーズの新作「仮面ライダーゼロワン」(テレビ朝日系)の変身ベルト「飛電ゼロワンドライバー」の音声に、4人組バンド「MONKEY MAJIK(モンキーマジック)」のメイナード・プラントさんとブレイズ・プラントさんが起用されたことが8月4日、明らかになった。

 バンドでボーカルとギターを担当しているメイナードさんとブレイズさんは、「ジャンプ!」「オーソライズ!」「プログライズ!」「飛び上がライズ! ライジングホッパー!」「A jump to the sky turns to a riderkick.」といった英語と日本語を交えた“変身音”で、「仮面ライダーゼロワン」の世界を盛り上げる。

 「仮面ライダーゼロワン」は、元号が平成から令和に変わってから、1作目となる仮面ライダーで、「AI=人工知能」がテーマとなる。AIロボ=ヒューマギアが実用化された世界が舞台で、主人公はAI企業「飛電インテリジェンス」の社長となる青年・飛電或人(ひでん・あると、高橋文哉さん)。自社が開発したAIロボがサイバーテロリストにハッキングされて暴走し、或人は仮面ライダーゼロワンとして、人工知能技術を巡る戦いに身を投じていく……というストーリー。9月1日から放送される。