人気映画「スター・ウォーズ」シリーズの最新作「スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け」(J・J・エイブラムス監督)のUS版ポスターが8月25日、解禁された。祖父のダース・ベイダーの遺志を受け継いだカイロ・レン、伝説のジェダイ、ルーク・スカイウォーカーの思いを引き継いだレイ、不気味な微笑を浮かべるシスの暗黒卿パルパティーン皇帝の3人が写し出され、ライトセーバーから強大なフォースが放たれている様子が描かれている。

 ポスターは、米カリフォルニアのアナハイム・コンベンションセンターで現地時間8月23~25日に開催されたディズニーファンイベント「D23Expo 2019」で開かれた、プレゼンテーションイベントで公開。レイ役のデイジー・リドリーさんらキャスト陣や、エイブラムス監督らが登壇した。

 エイブラムス監督はプレゼンテーション後のインタビューで「フィルムメーカーとは常に最高の映画になることを目指している。だから僕らもこの完結編がスター・ウォーズ史上最高傑作になるべく、今まさに、それに取り組んでいるんだ。そして何よりもジョージ・ルーカスが作り出したこの素晴らしいサーガの持ち味を十分に発揮できるようにしたい」と語っている。

 「スカイウォーカーの夜明け」は、「新たなる希望」から続くシリーズに幕を下ろす作品。祖父ダース・ベイダーの遺志を受け継ぎ、銀河の圧倒的支配者となったカイロ・レン、伝説のジェダイ、ルーク・スカイウォーカーの思いを引き継ぎ、フォースの力を覚醒させたレイたちの活躍が描かれる。またハン・ソロの永遠の好敵手ランド・カルリジアンが、「スター・ウォーズ エピソード 6/ジェダイの帰還」以来、再登場する。

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});