この記事は私がまとめました

今年も熱中症の被害者が続出している

地球温暖化にともない、近年ニュースなどでよく見聞きするようになった熱中症。

熱中症とは、体温が上がり、体内の水分や塩分のバランスが崩れたり、体温の調節機能が働かくなったりして、体温の上昇やめまい、けいれん、頭痛などのさまざまな症状を起こす病気のこと。

救急要請時の発生場所では、住宅等居住施設が全体の37%を占め最も多く、次いで道路・交通施設が25%を占めています。

熱中症は、夏の強い日射しの下で激しい運動や作業をする時だけでなく、身体が暑さに慣れていない梅雨明けの時期にも起こります。

また屋外だけでなく、高温多湿の室内でも発症します。

第一は、身体を冷やすこと。氷枕や氷嚢などを用いて熱や炎症を取り除く 「冷却療法」が行われます。さらに、脱水症状などで水分や塩分、栄養素が不足している場合は、点滴でそれらを補います。

なんとスイカが熱中症対策の特効薬になるだと!?

さらに糖分やカリウム・カルシウム・マグネシウム等のミネラルも含まれているので、微量の食塩を加えるとスポーツドリンクと同じような効果が期待できます

いくら水を飲んでものどの乾きがおさまらないけれど、スイカを食べるとピタリとおさまるという経験をした人もいるでしょう。

他にも様々な効能があるだと!?

スイカダイエットは、スイカさえあれば、とても簡単に、比較的楽にダイエットをすることができます。

トマトの有効成分として有名な栄養素。アンチエイジングのための抗酸化力が超強力で、スイカにはトマトの1.4倍のリコピンが含まれています。

ニンジンなどの緑黄色野菜に多く含まれる栄養素で、スイカにもたっぷり含まれています。ビタミンAとして機能し、肌の老化やガンを予防。

また、抗酸化作用や、コラーゲンの分解を抑える効果があるため、肌を保湿したり、紫外線から肌を守る効果も。

様々な声が

皆さま、こんにちは 夏は水分補給が欠かせませんがスイカは水分が豊富で、エネルギーとなる糖分も含まれるため、熱中症を防ぐ効果があるそうです。 熱中症予防には塩分を補うことも必要ですが、スイカに少量の塩をかけて食べるという習慣は理にかなっていますね。 午後も素敵にお過ごしください♪

夜中に足がつるのを防止にもいいみたいです。よくつるのでカット・スイカ食べることにします。headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190818-…

1 2
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});