俳優の村田雄浩さんが、上野樹里さん主演の“月9”ドラマ「監察医 朝顔」(フジテレビ系、月曜午後9時)の最終話に出演することが9月23日、分かった。村田さんが同枠の作品に出演するのは、1988年放送の「君の瞳をタイホする!」以来、31年ぶり2度目。

 今作で村田さんは山梨県で農業を営む吉野という男性を演じる。最終話は、山梨で大規模な土砂崩れが発生。土砂の下敷きになり、多数の死傷者が出ていることが予想されるため、興雲大学法医学教室に応援の要請が届き、朝顔(上野さん)らが山梨に向かう……という展開。吉野は、母親が土砂崩れに巻き込まれてしまい、朝顔らがいる遺体安置所に駆けつけてくるというキャラクター。

 ドラマは、マンガ誌「漫画サンデー」(実業之日本社、現在は休刊)で連載された作・香川まさひとさん、画・木村直巳さん、監修・佐藤喜宣さんの同名マンガが原作。設定をアレンジし、東日本大震災で母が行方不明となった法医学者の朝顔と、朝顔の父でベテラン刑事の平(時任三郎さん)が、解剖と捜査で遺体の謎を解き明かしながら、亡き人の生きた証しが、残された人たちの心を救うヒューマンドラマ。最終回は、23日午後9時~10時24分放送。

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});