俳優の窪田正孝さんが7月30日、東京都内で行われた映画「東京喰種 トーキョーグール【S】」(川崎拓也監督、平牧和彦監督)の舞台あいさつに共演の松田翔太さんらと登場した。窪田さんは、映画公開日にキャストやスタッフで「ご飯を食べに行った」と話し、その際に写真週刊誌に撮られたことに触れ、「その時、撮られちゃって。僕が7時間ぐらい(松田)翔太さんに拘束みたいなことを書いてあったんですけど、僕、お酒飲めるし、別に拘束されてないし」と笑顔で語った。

 その食事会について、窪田さんは「みんなで喰種のことを語り合って。最後はプロデューサーの永江(智大)さんと(松田さんと)3人だったんですけど、気付いたら4時ぐらいまで飲みながらずっと語っていた」と明かした。松田さんは「僕と飲みに行くと拘束されるっていう」と冗談めかして語っていた。舞台あいさつには共演の山本舞香さん、川崎監督、平牧監督、ゲストとしてものまねタレントのりんごちゃんも登場した。

 「東京喰種 トーキョーグール【S】」は、人肉を食らう怪人・喰種をテーマにした石田スイさんの人気マンガ「東京喰種」シリーズが原作の実写映画の続編。実写映画第1作「東京喰種 トーキョーグール」は2017年7月に世界29カ国で公開された。続編は、喰種が潜む街・東京が舞台で、美食家(グルメ)と呼ばれる喰種の月山習(松田さん)が、半喰種となってしまった大学生・カネキ(窪田さん)のにおいに興味を持ち、喰種レストランに誘い出す……というストーリー。