モデルで女優の新木優子さんと俳優の高良健吾さんがダブル主演し、10月17日から放送される連続ドラマ「モトカレマニア」(フジテレビ系、木曜午後10時)に、女優の趣里さんがレギュラー出演することが9月27日、分かった。同作はマンガ誌「Kiss」(講談社)で連載中の瀧波ユカリさんの同名マンガが原作で、趣里さんはドラマオリジナルキャラクターの加賀千鶴を演じる。

 千鶴は、主人公・難波ユリカ(新木さん)に思いを寄せる山下章生(浜野謙太さん)の同僚。結婚は自らが経済的に困らないための“手段”だと割り切っていた千鶴だが、出会った山下の将来性とご飯の食べ方がきれいなところを目の当たりにし“ちょうどいい結婚相手”として近づく。メンタルは弱く、傷つかないための恋愛戦略を敷くため、想定通りに物事が運ばないと激しく動揺するというキャラクター。

 趣里さんは、演じる千鶴について「私はなぜだか恋が実らない役が多いので、今回こそは(恋愛が)成就することを願っています(笑い)。加賀千鶴を楽しんで演じたいと思います」とコメント。同作への出演には「個性と魅力にあふれるキャストの皆さん、スタッフの皆さんとこの“モトカレマニア”の世界をどう創っていけるか私自身楽しみにしています」と意気込んでいる。

 ユニット「原因は自分にある。」のメンバーの大倉空人(おおくら・たかと)さんの出演も発表された。大倉さんがテレビドラマに出演するのは初めてで、千鶴の後輩新入社員の服部紡を演じる。

 物語は、ユリカは就職したのをきっかけに生まれたすれ違いが原因で、当時、交際していた斉藤真(高良さん)と破局。その後、“クズ男”2人と付き合うことになったのが原因で「幸せだった過去の恋の時間に浸っていよう」と考え、“モトカレ”との幸せな日々を思い出して、妄想の日々を過ごすユリカが、再就職した不動産会社でマコチと再会を果たす……というラブコメディー。初回は15分拡大で放送。

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});