俳優の菅田将暉さんが8月5日、東京都内で行われた映画「アルキメデスの大戦」の大ヒット御礼舞台あいさつに、共演の舘ひろしさん、メガホンをとった山崎貴監督とともに登場した。本作を何回見たかを菅田さんが観客に聞いていく中、「5回見たよという人?」という菅田さんの呼びかけに手が上がったのを見た舘さんは、「暇ですね」とちゃめっ気たっぷりにコメント。すかさず菅田さんが「暇とか言っちゃだめです」と“ツッコミ”を入れると、舘さんは「お金持ちですね(笑い)」と言い直して笑わせていた。

 映画に関するトークが続く中、「もう一度菅田さんとタッグを組みたいですか」という話題になり、菅田さんが「大事なところですね。NGじゃないことを祈ります」と話すと、山崎監督は「責任重大ですよね。(今作の演技が)本当に素晴らしかった。役者魂を感じました。ぜひ機会あり、またやっていただけるなら」とコメント。「ぜひこちらこそです。よろしくお願いします」と菅田さんが応えると、舘さんも「監督、ついでと言っては何ですが、私も……」と提案し、菅田さんが「(自分と舘さん)セットでお願いします」と話して会場を沸かせた。

 映画は、人気マンガ「ドラゴン桜」などで知られる三田紀房さんのマンガが原作。帝国大学100年に1人の逸材で「アルキメデスの再来」と呼ばれる天才数学者の櫂直(かい・ただし=菅田さん)が、数字で戦争を止めようとする姿を描く。

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});