9月21日に最終回を迎えた唐沢寿明さん主演の連続ドラマ「ボイス 110(イチイチゼロ)緊急指令室」(日本テレビ系)の、最終回から1カ月後の物語を描いたオリジナルストーリーが制作され、動画配信サービス「Hulu(フールー)」で配信が始まった。同ストーリーは、橘ひかり役の真木よう子さんが主演となる。

 「ボイス 110緊急指令室」は、犯罪被害者からの110番通報に迅速に対応すべく、警察の緊急指令室に設立された独自の捜索ユニット「ECU」が舞台。猟奇殺人犯に妻を殺され、犯人への復讐(ふくしゅう)に燃える凄腕(すごうで)刑事・樋口彰吾(唐沢さん)と、父を殺害された緊急指令室の室長で、どんなかすかな音も聞き逃さないボイスプロファイラー(声紋分析官)・ひかりの活躍を描いた。

 テレビドラマの最終回では、樋口とひかりが、愛する家族を殺した殺人鬼「カチカチ野郎」こと本郷雫(伊勢谷友介さん)を逮捕。その後、雫は意外な人物によって命を絶たれ、復讐劇は幕を閉じた。独自捜査ユニット「ECU」は正式運用され、樋口とひかりは再び正義の道を突き進んでいくことに。一方、瀕死の状態となった刑事・石川透(増田貴久さん)の安否は不明なままで……という展開だった。

 Huluオリジナルストーリー「ボイス 110緊急指令室 CALL BACK」は、樋口が息子の治療のためアメリカに一時滞在中、石川の入院先で人質立て籠もり事件が発生。一刻を争う事態を受け、ひかりは石川に犯人確保の協力を要請する……という展開。

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});