プロレスラーの真壁刀義選手と本間朋晃選手が、女優の深田恭子さん主演の連続ドラマ「ルパンの娘」(フジテレビ系、木曜午後10時)の第5話(8月8日放送)にゲスト出演することが8月5日、分かった。2人は、同話にゲスト出演するフリーアナウンサーの田中みな実さんが扮(ふん)する、甘い言葉で男を誘惑して金品を奪う“お色気女泥棒”双葉美羽に従う“こわもてガードマン”の依田と大岩を演じる。真壁選手は、試合でも着用している鎖を衣装として使用。本間選手は得意技の「こけし」を披露するという。

 今回の出演のオファーについて、真壁選手は「マネジャーからこの話を聞いて、『こんな話題になっている人気ドラマに俺が出られるわけねぇだろ!』と疑ったんですけど、どうやら本当らしいということを知って、『マジで!?』となりました」と話し、「俺たち、普段はプロレスラーなので、ドラマとなるとまた全然違うし、お芝居をしている俳優の皆さんの本気モードを生で感じて、『すげえ!こっちも精いっぱい応えたい!』と思うんです。プロレスを続けていて良かった」と語っている。

 「ルパンの娘」を1話から見ているという本間選手は、オファーについて「この時代において、こんなにバカ笑いする作品があるのかと驚きました。そして全員、キャラが濃い! ラブストーリーもありで、これからどうなっていくのかという点で、続きが気になっていた中でのオファーでした。僕みたいなガサガサ声の男がドラマ出演なんて、ウソだと思っていたんですけど、『これはすごいことだ!』と、本当にうれしかったです」とコメント。

 真壁選手は、共演した田中さんについて「ものすごく美しくて、美羽という役に入っているので、それを見せられたら、俺たちは従うしかないですよ(笑い)。本当に魅了されました。あと声を大にして言いたいのは、田中さんは『“アナウンサーから女優業”をされていて芝居もすごい!』てことは……『俺たちプロレスラーも、今後俳優業どうよ!』と期待しますね(笑い)」と期待。本間選手は「田中さんは、ほれますね。あれだけの美人はもはや罪です(笑い)。オーラも仕草も全てが可愛い」と絶賛している。

 また、初共演となる深田さんについて、真壁選手は「初めてお会いした時、美しいプロポーションをされていて、これは“オス(雄)”の意見ですが『素晴らしい!』の一言です(笑い)。深田さんにごあいさつさせていただいた時、とても優しく本当にすてきな方でしたね。握手させていただいてテンションが上がりました(笑い)」と語り、本間選手も「ごあいさつさせていただいたんですが、瞳に吸い込まれそうでしたね。深田さんが出演されていた(1998年に同系で放送の連ドラ)『神様、もう少しだけ』を見ていて、大好きだったので、光栄でした。ふわっと優しい香りがしました(笑い)」と話している。

 「ルパンの娘」は横関大さんの同名小説(講談社)が原作。代々泥棒を家業としている「Lの一族」(Lは大泥棒ルパンの頭文字)の娘・華(深田さん)と代々警察という一家の息子・桜庭和馬(瀬戸康史さん)との許されない恋愛を描くラブコメディー。