そしてお迎えの時に周りのママたちを見ると、ほんの4時間会えなかっただけ(と言ったら失礼だけど笑)とは思えないくらい、“Oh~~~! I missed you~~~!” とハグ&キス。

このあたりの母子分離のメリハリが日本の学校との違いかもしれません。

 

2019/07/IMG_8739.jpg
通い始めて1週間で、自分から教室へ走っていくようになった二男

日本の保育参観では、親の姿に気づかれないよう覗き穴から見るなんて園もあるので(より普段の自然な姿を見るという目的がありますが)大違いだなぁと。

 

2019/07/IMG_8550.jpg
2019/07/IMG_5672.jpg
2019/07/IMG_8551.jpg

 

褒めて子どもを尊重する姿勢は学校だけでなく、保護者もそうで、
学内で子どもに声を荒げている親もいません(わたしくらいです汗)。

2019/07/IMG_8552.jpg

 

学年最後の日も、友達や家族と自由に写真が撮れるフォトブースが教室に設置されていたのですが、
そこで担任の先生・お友達・弟を集めて”Hey, picture!” と、次々と自分から声をかけていた長男。

英語ゼロからのスタートで、Let’s take a picture.とか正しい英語は喋れていないけれど、
正しいかどうかを気にして恐れるのではなく、自分の話せる言葉を使って、自らみんなに声をかけに行くところ、
あなたは世界で一番かっこいい!と、たくさんたくさん褒めました^^