2013~14年に放送された特撮ドラマ「仮面ライダー鎧武/ガイム」で共演した俳優の佐野岳さんと男性ユニット「BOYS AND MEN」(ボイメン)の小林豊さんが、安田顕さん主演のNHK愛知発地域ドラマ「『黄色い煉瓦(れんが)』~フランク・ロイド・ライトを騙(だま)した男~」に出演することが7月29日、分かった。

 ドラマは今年1月期に放送され、話題を呼んだ「トクサツガガガ」のNHK名古屋放送局が制作。建築陶器の町、愛知県・常滑を舞台に、一人の女性ライター(村上佳菜子さん)が、伝説の職人の真実を探っていく物語。世界的建築家のフランク・ロイド・ライトが、わざわざ会いに出向いた常滑の職人、久田吉之助(ひさだ・きちのすけ)を安田さんが演じる。

 今からおよそ100年前、世界的建築家のフランク・ロイド・ライトは、旧帝国ホテルの設計にあたり、外壁を赤いれんがではなく“黄色いれんが”で飾ることを求めた。当時の日本で黄色いれんがを焼くことのできた職人は久田吉之助しかおらず、ホテル側は久田に協力を要請するが、彼の右腕は病気で失われていて……というストーリー。

 佐野さんは25歳の若さで、黄色いれんがの調達を任されて常滑に赴任する帝国ホテル社員の牧口銀司郎役、小林さんは久田吉之助の作業場で一緒に働く常滑の職人・伊奈長太郎役。杉浦太陽さんや団時朗さんといった“ウルトラマン俳優”も出演する。

 NHK・BSプレミアムで11月27日午後10時~同59分に放送される。