広瀬すずさん主演のNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「なつぞら」(総合、月~土曜午前8時ほか)は第17週「なつよ、テレビ漫画の幕明けだ」を放送。7月24日の第99回では、主役抜てきへのやっかみから、劇団員達に呼び出されたと思った雪次郎(山田裕貴さん)だったが、実は新しい劇団の旗揚げの誘いだった。蘭子(鈴木杏樹さん)を裏切ることはできないと断る雪次郎。しかし、稽古(けいこ)中に蘭子の口からとある事実を告げられる。一方、新作「百獣の王子サム」の制作に携わるためにテレビ班に移ったなつ(広瀬さん)と茜(渡辺麻友さん)たち。映画とは違い、簡略化された原画の数々を目の当たりにし、戸惑いを隠せず……。

 「なつぞら」は、100作目の朝ドラで、脚本家の大森寿美男さんのオリジナル作。戦後、北海道・十勝地方に移り住み、移民1世の柴田泰樹から開拓者精神を学んだなつは、高校卒業後に上京。当時「漫画映画」と呼ばれ、草創期を迎えていたアニメ業界に飛び込む。画家志望の友人・山田天陽に手ほどきを受けたデッサンの腕前を生かし、自然の中での生活で磨かれたみずみずしい感性を発揮していく……。

 第16週「なつよ、恋の季節が来た」は、演出の坂場の強いこだわりに振り回されつつも、なつたちの短編映画作りは完成に向かって突き進んでいく。そんな中、夕見子(福地桃子さん)が恋人の高山(須藤蓮さん)と一緒に北海道から上京。周囲の学生たちに影響を受けた夕見子は、大学を辞め、高山と一緒に新生活を東京で始めるという。なつは、夕見子との約束を破って、十勝にいる富士子(松嶋菜々子さん)に電話で相談してしまう。数日後、夕見子を説得しにやって来たのは、あの男で……という展開だった。