俳優の西島秀俊さんが8月22日、東京都内で行われたパラリンピックドキュメンタリーシリーズ「WHO I AM」(WOWOW)シーズン4の試写会後トークセッションに出席。スペシャルゲストとして招かれた西島さんだったが、登場するやいなやタレントの松岡修造さんから「仕切っていただいて」と司会をムチャぶり。西島さんは「そんな……丸投げですね?」とタジタジだった。

 イベントはまず、車いすテニスの上地結衣選手、水泳の木村敬一選手、ドイツの陸上・砲丸投げのニコ・カッペル選手、そして司会の松岡さんの4人で展開され、来年に迫った東京パラリンピックに向けた意気込みなどをトーク。後半に西島さんが登場すると、それまで場を回していた松岡さんが、いきなり西島さんに司会をバトンタッチ。西島さんは苦笑いで引き受け、選手たちに「プレッシャーはありますか?」「エネルギーの源は?」などと質問した。

 西島さんがさらに「3人の競技は……」と訪ねようとするとスタッフから“時間切れ”の合図が。少しだけほっとした表情を浮かべると、松岡さんから「いろいろ大変な状況だったのに、どうもありがとう!」と感謝されていた。

 「WHO I AM」は、パラアスリートに迫るドキュメンタリーシリーズ。WOWOWと国際パラリンピック委員会が共同で立ち上げた企画で、2016年から東京オリンピックが開催される2020年まで放送される。最新作となるシーズン4は8月24日にスタートし、毎週土曜午前10時から放送される。全8回。

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});